HOME

haluta 365 REGULAR BOOK

FUN, MY SECRET SPOT

いちばん秘密にしたかった信州ガイド

vol.14

January
,27,2017

みちくさ案内#8 冬の上田編

posted by SACHIE IKEGAMI

 

今年は雪が少ないね、なんていう話をしていたら

あっという間にたくさん雪が積もり、冬景色の上田からお届けします、今回の上田案内。

冬だからこそ楽しめる上田のあれこれをご案内!

 

DSC08493

 

市街地からおよそ車で20分。昭和44年から上田に暮らす人々に愛されてきた公園、「市民の森公園」。

夏にはキャンプ、マレットゴルフ、ゴーカートやピクニックなどを楽しむ姿が見られるこの場所で、冬になったらやることといったらなんでしょう?

 

DSC08495

DSC08574

 

答えは、スケート!

写真では伝わりにくいですが、休日であるこの日の駐車場は満車の上を行く超満車。11:00には駐車場に到着していたのですが車が駐車場外にも溢れてしまうほどの人気っぷり。

 

DSC08503

 

小学生時代、学校で毎年スケート教室があるたびに行きたくないとゴネていたのを思い出しました。スケート靴で氷の上に上手く立てず、生まれたての子鹿のようにプルプルする姿を晒すのは本当に憂鬱でしたがなんだかこどもたちもたくさんいるし、ヒュンヒュン滑ってる人はあんまりいなくて自分ものどかな風景の一部になったような気持ちで楽しめました。

 

DSC08548

 

スイスイ〜

(とまではいきませんが、わりと風を切って滑れるようにまで。)

 

 

DSC08559

DSC08606

 

ウィンタースポーツの楽しみといったら、これ!

施設内の食堂で食べる、スタンダードなメニューのごはん。

市民の森公園には「喫茶バンビ」(なんていい名前なんだ)があり

メニューはカレーにラーメン、牛丼、山菜そばなど

「そうそう、これだよ、これ!」と思わずうなずくメニューばかり。

飾らない味が、ほどよく疲れたからだに染み込みます。

 

スケート靴のレンタル代も含めて大人が1050円、こどもが600円で一日中すべり放題なのも人気の理由。

普段の服装そのままでふらっと行って、靴だけ履き替えれば滑れる手軽さにも大満足!

 

IMG_0090

 

スケートを楽しんで、帰りにアイスを食べながら向かったのは市民の森から山を下って、車で15分。2015年の11月にオープンした、家具修理の工房と、古家具・生活雑貨のお店「Kibi craft」。

 

 

IMG_0084

IMG_0088

昔、経木(きょうぎ。木を薄く削ったもので、よくおにぎりがこれに包まれていたりします。)を作っていた場所がその後自動車の工場になり、現在はKibi craftに。入り口の大きな釣り戸や天井の鉄骨の無骨さがたまらなく格好いい空間になっている。

Kibi craftを夫婦で営む三浦さんに話を聞いている途中

「また修理ができるような修理をしているんです。」という言葉がぽろりと出てきた。声を強くしていうわけでもなく、それが当たり前のことだという感じで。

 

鉄釘を使ったり、接着剤を下手に使ったりすると木にダメージを与えてしまって次の修理ができなくなったりすることもあるのだとか。Kibi craftの「kibi」は漢字で書くと「木美」の意味を持っていて、古い家具を修理するときにきれいにしすぎないことを心がけているのだと話してくれた。

 

削り過ぎず、木目が綺麗に出るようにオイルを塗り直したり引き出しがなめらかに引き出せるように組み直したりすることはあるけれど物によってはオイルを塗らない木の表情そのままにすることもある。

 

IMG_0083

店内を見渡したときに、家具たちが主張しすぎてこないのはきっとそのバランス感覚があるからだ、と思った。

 

古い物だということは佇まいを見てわかるけれど、修理した箇所がどこなのか、全く見当がつかない。家具や器には、よく「味がある」と表現される時間経過や人の手による「美しい傷」もあるのだということを、Kibi craftに並ぶ家具たちが教えてくれている。

 

家具に命があるのだとしたら、きっと自分が使われてきた年月をなかったことにして綺麗にしてもらうことが、必ずしも喜ばしいことだとは思えない。その年月も認めてもらうようにして三浦さんに手をかけてもらえた家具はとても幸せだ。

 

DSC01986

Kibi craftを出て、車で15分。上田駅からは徒歩5分のところにある「飯島商店」は上田の銘菓「みすゞ飴」で有名だけど、上田に住む人が待ちわびているのがこれ。11月中旬〜3月下旬の寒い間にしか販売されない「三宝柑ゼリー」

柑橘の一種「三宝柑(さんぽうかん)」の皮を丸々使い、飯島商店さんの果汁ゼリーとゼリー作りの情熱を注ぎ込んで出来上がる冬の贅沢おやつで賞味期限は3日。そのため上田以外で見かけることはまずない一品です。

 

寒い寒いーと言いながら家に帰ってきて、暖かい部屋で食べる三宝柑ゼリーはなによりの贅沢!

スケートでくったり疲れて、良い心地になりながら今日のみちくさはおしまい、おしまい。

 

IMG_0080

 

《 INFO 》

市民の森スケート場:

http://www.city.ueda.nagano.jp/sports/tanoshimu/sports/taikushisetsu/sonohoka/001.html

Kibi craft:http://kibicraft.com/

飯島商店(三宝柑ゼリー):http://misuzuame.com/

share on

posted by SACHIE IKEGAMI

長野県、茅野市うまれ、山育ち。路頭に迷っていた時期に働かせてもらったブックカフェ勤務を経て、自分の人生にはずっと本があったことに気付き、本屋の道へ。現在、上田市のブックカフェ「NABO」店長。http://www.nabo.jp

WEB BOOK haluta365