HOME

ONLINE SHOP

WEB BOOK : haluta 365

haluta 365 REGULAR BOOK

FUN, MY SECRET SPOT

いちばん秘密にしたかった信州ガイド

vol.17

March
,31,2017

仕事場の営み #3

posted by TAKASHI KOBAYASHI

鳥の声

朝の空気

光の差す方

夜の静けさ

 

あの人は、ここでなにをみているのだろうか

きっと、あの人だけの秘密がある

 

「 仕事場の営み #3 」

 

POINT MAKERS inc.
General Manager

神保恭兵

軽井沢

 

=====

 

新郎新婦が思い描く夢のようなひとときをかたちに、
森の中や思い出の場所を会場に、
1日限りのウェディングをプロデュースしてきた
RUSTIC WEDDING」。

photo-200

神保恭兵さんは、2015年から
「RUSTIC WEDDING」のアートディレクターを務めてきた。
現在は所属する「POINT MAKERS inc.」の
ブライダル事業や、新規事業の立ち上げなど
会社全体のマネージメントを担当している。

DSC_0498

神保さんが日々を送っているのは、
軽井沢にあるオフィス。

 

ここでの暮らしは、
いろいろな考え方を変えてくれた。

 

「四季を感じる環境に、生活のリズムが変わりましたね。
そして、何より仕事にかける責任感が強くなりました」



 

「責任感」とはつまり、なんだろうか。

ぼんやり考えながら、
かつての結婚式のエピソードを訊ねてみる。

 

すると運営の裏側に携わるチームとの仕事について
実直で穏やかな口調で、こう話してくれた。

 

「それぞれが持っている感性を発揮できること。
そういう瞬間を創りたいです」

 

特別な日を迎える新郎新婦の喜び。
それは、もちろん。
それだけでなく、
いっしょに創り上げていく人たちとの喜び。

 

人の魅力や好奇心に寄り添い、
同じゴールに向かって、走り続けること。

 

これが、神保さんのやりがいであり、
責任なのだと。

 

そして、幾度となく幸せな瞬間に
立ち会ってきた神保さんにとっての
純粋な夢なのだ。

DSC_0489

一生に一度の特別な日のために、
みんなの喜ぶ姿を思い浮かべながら、
机に向かう。

そんな神保さんの毎日が
ここにはあった。
DSC_0520

ふっと、オフィスの一角に目を向けると、
ところどころに花や本がある。
行儀よく、整然と並ぶわけではなく、
無造作で自然体なその姿が、親しみを与えてくれる
(一転二転して、ありのままがいいんですよ、
と言われているかのようで)。

 

神保さんは、かつて東京で
アパレルブランドのプレスとして携わっていた。

その頃を振り返り、つぶやく。

 

「東京で仕事をしていた頃、見てきた
下積みを共に乗り越え、頑張っている人たちや
何かを創り続けている人たちが、
かっこよかったんですよね。

 

“大切なのは人と人”なんだと、
気づかされたんです。
 
みんな、どこかで助け合っているんだなって。
 
僕もそういうことがしたい」

 

人を喜ばせたい、という
単純な想い。

 

神保さんのあたたかく、心優しい気持ちは
紳士的な仕草の節々から溢れている。

 
DSC_0536
 

ちょうど取材日は、
「RUSTIC WEDDING」の
フラワーアレンジメント全般を担う
「Rojan FLOWER」による
ブーケづくりのワークショップが
開かれていた。

 

「今年から始まったこのワークショップも、
メンバーと話し合いながら、まずはやってみて、
少しずつ、よりよい形にしていきたいと思うんです」

 

やってみようのはじまりが、
参加者の喜びになって、

作ったブーケを受け取る
誰かの喜びになっていくのだろう。

DSC_0547

最後に、神保さんは言う。

 

「お客様からいただく『ありがとう』の言葉。
僕たちの仕事は、このひと言に尽きるんです。
大変なことも、このひと言に救われます」

 
誰かを想うありがとうの言葉は、
次の誰かに連鎖していく。きっと。

 
 

-INFO-

 

『RUSTIC WEDDING』
http://www.rustic-wedding.net

 
380-0104
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東3-1
instagram
pointmakers
rojan_point_makers

share on

posted by TAKASHI KOBAYASHI

2011年、大学3年の冬に長野市「旧シンカイ金物店」を友人と改修。生活拠点として、蚤の市やライブ、食事会などを企画。中学校教諭退職後、渡米。帰国後、アパレル販売員を経て、執筆、空間演出、広報などの経験を積む。フードケータリング「Hello,FOLKS!」主催。

WEB BOOK haluta365