HOME

ONLINE SHOP

WEB BOOK : haluta 365

haluta 365 REGULAR BOOK

EAT, TIME AND PLACE

食べものはなるべく時期もの、地もの

vol.28

October
,26,2017

アルプスレターfrom長野#17 お味噌びらき

posted by Hikaru

真っ赤な柘榴
棗に大粒のピーナッツ
さつま芋里芋と収穫がつづき
小さなハーブ畑は冬支度に
近くの山々も色つき始めました
こちらではあまり見ない銀杏並木が目にはいり
とても懐かしく
黄葉の小道に足を踏みいれては恋しい晩秋

アルプスレター17-'

寒のころに娘と仕込んだお味噌を開けました
白い小さな点々があったならそれは美味しいしるし

アルプスレター17-1

花が咲いたように美しい糀は須坂の糀屋本藤醸造舗のもの
都会に住むころは寒仕込みでしたので
3月をこえてからというのはゆっくりしているようですが
こちらに戻ってきて3月4月ゴールデンウイークの頃までが
お味噌の仕込み時とも教わりました
ことしはそれが試せ3月の後半で門前の皆さんと一緒に
『お味噌をつくリましょうの会』をいたしました
こちらのお味噌びらきも愉しみにしているひとつ

アルプスレター17-3

アルプスレター17-4

アルプスレター17-5

糀の塩きり

アルプスレター17-6

アルプスレター17-7

アルプスレター17-9

アルプスレター17-10

大豆を柔らかく茹で熱いうちにつぶす

アルプスレター17-8

自宅で子どもとつくる際色々と試したところこの方法が一番効率がよい

アルプスレター17-11

人肌まで冷めたら
塩きりした糀と合わせ

アルプスレター17-12

アルプスレター17-13

しっかり丸めてカメにひとつずつ投げいれ空気を抜くよう詰めていく

アルプスレター17-14

アルプスレター17-15

最後に少しよけておいた塩をふり
アルコールで湿らせた和紙又はキッチンペーパーで覆う
重石をして蓋をする

アルプスレター17-17

年中行事を経て新米をいただくころ
玄米を炊いて里芋のお味噌汁というのが
感謝とともに身体に入る

share on

posted by Hikaru

2016年 家族で長野に住まいを移す。料理にまつわるコーディネート、スタイリング、レシピ制作を書籍 雑誌 広告などで行う。素材をいかした料理、季節の手仕事など家庭で楽しめるよう提案。シンプルな暮らし、食のありかたに定評あり。著書に「Hikaruさんちのゆったりとおもてなし」(祥伝社)他。http://haboucca.petit.cc/

WEB BOOK haluta365