HOME

news

warang wayanのモノづくり

PRODUCT INFO.

梅雨突入!ということでじめじめ~な日が続くと思いきや

太陽がうらめしくなるようなピーカン!な日も増えましたね。夏が来た、という感じ。

 

haluta神田店にも、待ちに待った「warang wayan(ワランワヤン)」のアイテムたちがやって来ました。

今回入荷したのは「nous nous(ノスノス)」バッグとバブーシュです。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【warang wayan】

モロッコ在住の石田雅美さんと、インドネシア・バリ在住の土屋由里さんにより

活動を始めたwarang wayan(ワランワヤン)。

それぞれが現地に拠点を置き、腕利きの職人さんたちとともに

じっくりと丁寧に手仕事の良さを大切にした生活を道具作り出しているブランドです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

Nous(ノス)はモロッコで「半分」という意味とのこと。

革とストローと、半分はんぶん。

その名の通りの、「nous nous」。

nos4

nousnous petite S (brown)/¥5,400.-, nousnous  M (brown)/¥10,800.- (warang wayan)

 

 

大きさは大小2種類。

 

ころんとした小さい方は、なんだか栗みたい。

(今回の入荷分はブラウンだから余計に栗っぽい)

 

容量は、携帯とお財布とハンカチくらいのちょっと少なめです。

それでもこの抜群のかわいさの前では荷物の量もなにも関係なくなります。

要は、それを持って出たいという気持ち!(になってしまうということ!)

 

と、言いつつも、日常使いを考えるなら大きい方がおすすめ。

大きい方はマチもしっかりあって

ノートからお弁当からなんでもかんでも詰めたくなるなる~。

 

 

 

バブーシュは刺繍入りの2色と黒の無地の3種類が入荷しています。

bab2

babouche jipper (rouge) size 9,1,3 /¥5,400.-, babouche jipper (black) size 1,3 /¥5,400.-,

babouche  (black) size 9,2 /¥4,752.-, babouche  (black) size 4 /¥5,184.-  (warang wayan)

 

 

バブーシュって、革でしょ。固いでしょ。ぺたぺたなるでしょ。

っと思っていた私の固定概念はwarang wayanのバブーシュを履いて間もなく

すんすんとひっくり返されました。

 

ふんわり

 

そんなまさか!バブーシュなのに!

 

bab1

warangwayanのバブーシュは靴底にクッションがしっかり入っていて、

信州名物おやきのようにふかふか、もっちりな足当たりに、

靴底のしっかりとした牛側が相まって、なんとも病みつきになる履き心地。

 

 

革独特の香りもふんわり香ります。

なかなか癖のある香りだけに入荷当初はキョーレツ!と思ったものの、

店頭に並んでいるうちに、いつのまにかグッバイ。(ちょっぴり名残惜しい。。。)

 

革の香りはモロッコバブーシュの証!

とはいうものの、それでもやっぱり気になる方は多いはず。

そんなときは一度日陰で天日干しするといいかもしれません。おひさま効果!

(但し、変色・硬化を避ける為、30分~1時間ごとに様子をみてあげてくださいね。)

 

bab3

warangwayanのアイテムは、どれも地元の職人さんが手作業で作っています。

そのため、なかなかたくさんは作れない。

次の入荷はまた少し先になりそうです。

気になる方はお早めにチェックしてくださいね。

 

warang wayanのストローバッグもカミングスーン!

お待ちいただいているみなさま!もう少しだけお待ちください。

 

腕のある職人さんがゆっくりと、

でもしっかりと、

1つ1つ丁寧につくっています。

 

 

 

 

 

 

Text&Photo:haluta kanda yagi

お問い合わせ : 0268-71-3005 / mail@haluta.jp
販売店舗 : haluta kanda