HOME

about

haluta philosophy

ハルタとは、東京と長野県上田市、そしてデンマークのコペンハーゲンに拠点を持つ会社です。北欧の引き継ぎ型社会にならい、ヴィンテージをはじめとする家具や雑貨の輸入販売。また一級建築事務所として、住宅や店舗などの空間デザインやプロデュースを行っています。

ハルタの原点でありすべては、長野県上田市にあります。戦後、初代・徳武善次郎が市内で食堂を、二代目・徳武慶修が洋菓子店と喫茶店を経営。三代目の徳武睦裕がうち1軒を引き継ぐかたちで、2000年にカフェ「トラフィック デリ」をオープン。やがてパン、雑貨、アパレル……次々と事業フィールドを広げるなかで、2006年北欧のヴィンテージ家具と出会い、デンマークと日本をつなぐ現在の軸が生まれました。

街にあたらしい刺激と居心地をもたらし、生活の質を上げる。「クリエイティブな場づくり」をひとつの使命としながら、さまざまなプロジェクトをここ上田から発信し続けていきます。

PROJECT

ハルタが企画、運営、ディレクションなどで関わる、さまざまなプロジェクトをご紹介します。

  • A n d e l

     

    デンマーク語で「共有」に意味を持つAndel。地域の風土やそこに暮らす人たちと向かい合いながら、さまざまなシーンで「本当の心地よさ」を共有できる場の開発やプロデュースを行っています。また、「建築は大切に使われ引き継がれていくもの」という考えのもと、ハルタではみなさまがお持ちの建物・土地の持続可能な不動産価値をご提案致します。

     

    宅地建物取引業 長野県知事(1)第5494号

  • Architect and Associates

    ハルタの設計事務所は住宅を主とし新築・リノベーションの建築設計デザインをおこなっています『建築は永久に使われ引き継がれていく』の思いを持ち、機能的、普遍的を意識した設計を行います。また私たちは表された数値だけではない、経験と感覚を大事にしています。デンマークから引き継いできた製法を基礎に何世代にもわたり引き継がれていく建築を作ります。

     

    ハルタ一級建築士事務所 長野県知事登録(上小)A第23211号

  • Landscape

    住まいを築く上でもうひとつ大切にしているのが庭の存在です。デンマークをはじめ、北欧の国々には建築と庭をひとつの住空間として捉える文化が根付いていて、そこに集まる人や気候風土に合わせた庭づくりを行っています。ハルタではデンマークで庭づくりを学んだランドスケーパーが、個人宅から大規模施設まで多様な庭づくりを行うと共に、そのノウハウを日本でも継承していきたいと考えます。

  • BREAD

    お届けするのは全粒紛や種、雑穀、乳酸発酵を取り入れた、こだわりのパン。化学肥料や農薬を使わない地元上田産小麦を石臼で挽いて、すべてのパンに使用しています。
    日本ではまだ馴染みのない、デンマークの国民食として親しまれている「黒パン」を中心に、環境とからだにやさしいデンマークの食文化をハルタから発信していきます。

  • ハルタ365 | WEB BOOK haluta365

    ハルタがあたらしいウェブメディアをつくりました。コンセプトは「創意くふうの居場所づくり」。自分がどんな街の、どんな住まいで、どんなふうにして生きていくか。毎日の生活とかかわりのある居場所づくりのアイデアとストーリーを、クオリティの高いビジュアルと言葉で、あたかも本をめくるような感覚で、気軽に閲覧することができます。北欧の暮らしにヒントを得ながら、どこか北欧の空気にも似たここ上田から、日々発信していきます。

  • København Branch Office

    ハルタはデンマーク・コペンハーゲンにも居場所があります。ヴィンテージ家具の収集・保管から建築・空調エンジニアリング・ランドスケープ・オーガニック食品までのリサーチを行う拠点として活動しています。日本 ー デンマーク間でのコーディネイト・サポートもお受けします。見習う先がはっきりしているからこそ、私たちはここに居続けます。コペンハーゲンのスマートな生活システムを物と事を通して引き継いでいきます。

    Literbuen 12A, st. 2740 Skovlunde +45 31 20 27 47