HOME

ONLINE SHOP

WEB BOOK : haluta 365

about

haluta philosophy

ハルタとは、東京と長野県上田市、そしてデンマークのコペンハーゲンに拠点を持つ会社です。北欧の引き継ぎ型社会にならい、ヴィンテージをはじめとする家具や雑貨の輸入販売。また一級建築事務所として、住宅や店舗などの空間デザインやプロデュースを行っています。

ハルタの原点でありすべては、長野県上田市にあります。戦後、初代・徳武善次郎が市内で食堂を、二代目・徳武慶修が洋菓子店と喫茶店を経営。三代目の徳武睦裕がうち1軒を引き継ぐかたちで、2000年にカフェ「トラフィック デリ」をオープン。やがてパン、雑貨、アパレル……次々と事業フィールドを広げるなかで、2006年北欧のヴィンテージ家具と出会い、デンマークと日本をつなぐ現在の軸が生まれました。

街にあたらしい刺激と居心地をもたらし、生活の質を上げる。「クリエイティブな場づくり」をひとつの使命としながら、さまざまなプロジェクトをここ上田から発信し続けていきます。

PROJECT

ハルタが企画、運営、ディレクションなどで関わる、さまざまなプロジェクトをご紹介します。

  • ハルタ365 | WEB BOOK haluta365

    ハルタがあたらしいウェブメディアをつくりました。コンセプトは「創意くふうの居場所づくり」。自分がどんな街の、どんな住まいで、どんなふうにして生きていくか。毎日の生活とかかわりのある居場所づくりのアイデアとストーリーを、クオリティの高いビジュアルと言葉で、あたかも本をめくるような感覚で、気軽に閲覧することができます。北欧の暮らしにヒントを得ながら、どこか北欧の空気にも似たここ上田から、日々発信していきます。

  • Andel

    デンマーク語で「共有」という意味を持つAndel(アンデル)は、場づくりのプロジェクト。また東京と上田に拠点を持つhalutaの一級建築事務所です。これまで数々の店舗づくりと運営、そして北欧インテリア業界との関わりの中で築いてきたノウハウを惜しまずシェアし、200年もの実績を持つデンマークの建材や断熱材を、日本の建築に活用するなど、本質的な部分にフォーカスした住宅や店舗のデザイン、空間プロデュースなどを行います。

  • TOKYO BRANCH

    近年注目を集める東京のセントラルイーストエリアに、halutaの新しい居場所が生まれます。エリアは神田ショップにもほど近い下町・蔵前。一級建築士のスタッフが所属する設計オフィスとして機能するほか、家具やパンなど、これまでハルタが手がけてきた事業をさらに進めていくための拠点として、そして場づくりのプロジェクトAndelのオフィスとして、日本と北欧を繋ぎ、引き継ぐ、さまざまな新事業を手がけていきます。

  • COPENHAGEN BRANCH

    halutaはデンマーク・コペンハーゲンにも私たちの居場所があります。ヴィンテージ家具の買い付けをはじめ、家具の材料(ペーパーコード、レザー、ファブリック)を日本向けに販売する窓口として。また、デンマークでは一般的なオークションネットの運営も手がけています。ほど近くにある倉庫には掲載品を保管しており、アポイントメントをいただければ、直接ご覧いただくことも可能です。
    Refshalevej 163A, 1432 København +45 31 20 27 47